クレジットカード現金化は違法なの?

すぐお金が必要なら【クレジットカード現金化】※審査不要

クレジットカード現金化は違法なの?

クレジットカードを使って現金を手に入れるという言葉を初めて聞いた人は、「安全なのか」という点が気になるでしょう。
審査がなく、本人確認のみで現金を手に入れられるという利便性が反対に気になってしまい、なかなか手が出せないという方もいるのではないでしょうか。
安全かどうか、違法ではないということがわかれば今すぐにでも利用したいと考えている人も中にはいるでしょう。

現金化は違法ではないかという声を聞きますが、「カードのショッピング枠で購入した商品を売ってはならない」という法律は今のところありません。
しかし、カード会社の中では利用者の方を守るために「現金を手に入れる目的で商品を購入してはいけない」と規約に設定しているところもあります。

クレジットカードで購入できる商品の中には、換金率の良いものと悪いものがあります。
あまりにも換金率が高い商品を連続で購入したり、ブランド品などを複数買うと、現金を手に入れる目的ではないかとカード会社に気づかれてしまうこともあります。
カード会社にわかってしまうと、一定の期間利用停止になったり最悪の場合利用の解除をされるときもあります。
利用停止や解除されてしまうと、様々な問題が生じてしまうでしょう。
換金目的ではない転売目的なども禁止されているので、連続利用等を控えるというのは注意するポイントでもあります。

また、中には詐欺目的で「クレジットカード現金化」という言葉をうたっている業者もあります。
悪徳業者が増えているため、私たち利用者が危険な目に合わないためにもカード会社は禁止しているという側面もあります。

換金率の相場は80%台と言われているので、著しく換金率が良すぎる業者に注意が必要です。
また、問い合わせをしてもあいまいな回答しか返ってこないところも避けるようにしましょう。
クレジットカードを使った現金化は違法ではありませんが、詐欺等にひっかからないように業者を見極めて利用することが大切といえるでしょう。